地銀の経営統合による勘定系争奪戦の行方を予想してみる。

 福岡銀行と長崎県の親和銀行、熊本銀行を傘下に持つFFGと長崎県・十八銀行の経営統合が実現すれば、FFGと広島銀行が共同利用する基幹システムへの片寄せが確定的だ。地銀全体で3位の福岡銀を傘下に抱えるFFGと十八銀との間には、預金残高で約10兆円の差がある。

 一方で、2015年10月に経営統合した熊本県の肥後銀行と鹿児島銀行はほぼ同規模。システム統合の方針は想定しにくい。

 肥後銀は青森県のみちのく銀行とLinuxで稼働する勘定系システムの導入に着手していることが判明した。担当ベンダーは日立。同社が静岡銀行と開発中の新パッケージとコンセプトは同じだ。一方、「BankVision」を採用する鹿児島銀の勘定系は2011年に稼働したもの。

 最新の機能やニーズを盛り込んだ肥後銀行側に片寄せする可能性が高くなってきた。ただし、2行での並行稼働を保つ道も残る。

 新潟県の第四銀行と北越銀行による経営統合は、預金残高が北越銀の2倍近い第四銀が使う「TSUBASA」に統合するのが順当だ。

 悩ましいのは三重銀行と三重県の第三銀である。規模の面では大差ないが、第三銀は第二地銀。常道ならば三重銀に片寄せすることになる。ただ三重銀はNECの勘定系システムを単独利用している。第三銀は日立の「NEXTBASE」を利用しており、コスト削減にもつなげやすい。統合先としてNEXTBASEを選ぶ可能性もある。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら