この連載では「RPA(Robotic Process Automation)」について実践的な内容を分かりやすく説明している。前回はRPAをどんな業務にどのように適用するのかを、金融機関の事例を挙げて紹介した。今回はその続きとして、一般企業における導入事例を取り上げる。

RPAユーザーの大半は一般企業

 前回説明したように、RPAを先行して導入したのは金融機関だが、一般企業での導入例も増えている。筆者が所属するNTTデータの契約先を見ると、RPAを導入した企業・組織のうち、一般企業が80%を占める(金融機関は19%、公共機関は1%)。RPAユーザーの大半は一般企業ということになる。

 先行企業は既にRPAの全社展開を進めている。2017年上期にPoC(概念実証)を検討・実施した企業も全社展開を始めており、数百ライセンス規模でRPAツールをオーダーする企業も少なくない。

 金融機関に比べ、一般企業はRPAに関する管理や統制の強化よりも、各部門での自主的な取り組みを尊重する傾向が強い。幅広い業務を自動化しようとする意欲も見られる。このため、RPAが普及・浸透していくペースは速いと考えられる。

 現状では金融機関と同様、本社業務への適用が中心である。ERP(統合基幹業務システム)などの基幹系システムやグループウエア、ワークフローシステム、その他の個別開発システムなどを自動化の対象としている。

部門・業務別の導入例

 ここでは一般企業におけるRPAの導入例を、主な部門・業務の観点で八つに整理して紹介する。

事例1:購買

 一つ目は購買である。ここでは、商社で部材の注文処理を自動化した例を見ていく。

 この事例では、以下の1~4の処理をRPAで自動化している。

1. 部材に関する注文情報を取りまとめる
2. 発注先メーカーのWeb型注文受付システムを開く
3. システムに注文情報を登録する
4. 注文報告を担当者に送る

図●購買での利用例(部材発注業務を自動化)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら