会議のために凝ったプレゼンテーションを用意しても、画面が見にくければ相手に伝わらない。ノートPCの画面の大きさでは、大人数どころか2~3人を相手にした会議でのプレゼンテーションでも厳しいだろう。

 そこで便利なのがプロジェクターだ。無地の大きな壁があればどこでも投影できる。ちょっとした打ち合わせスペースなどで使えることもある。最近は持ち運びに優れたモバイルタイプの製品も増えてきた。そこで今回は、こうしたモバイルプロジェクターの選び方と使い方の基本を紹介しよう。

「ZenBeam E1」(ASUS、税別の実勢価格は約3万4000円)は、手のひらサイズのプロジェクター。バッテリーを搭載しており、電源がない場所でも利用できる
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

大きさだけでなくスペックを細かくチェック

 プロジェクターを選ぶときは、もちろんサイズや重量も大事だが、投影方式や最大輝度、コントラスト比、映像入力端子、出力解像度なども忘れずにチェックしよう。

 現在売られているプロジェクターの投影方式は、主に液晶方式、DLP(Digital Light Processing)方式、LCOS(Liquid Crystal On Silicon)方式の3種類があり、それぞれ構造が異なる。一般論として、「液晶方式は明るくきれいな画面を表示しやすい」「DLP方式は小型軽量の製品を作りやすい」「LCOS方式は画面をなめらかに表示しやすい」と覚えておくとよいだろう。

「EB-1795F」(エプソン、税別の実勢価格は約19万1000円)は、液晶方式を採用する。ほかの投影方式よりも明るさや色域が3倍広いことをうたっている
[画像のクリックで拡大表示]
ZenBeam E1はDLP方式を採用する。本体はかなり小型・軽量だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら