EC(電子商取引)サイト大手のアスクルは約1800人が利用するコミュニケーションツールとしてOffice 365を使っている。Office 365を最も評価している点は、メールや予定表などの機能を一つのサービスとして使えることだ。

 従来は国内のITベンダーが提供するサービスを個別に使っていた。一つのサービスに統合することで運用管理の手間とコストを削減できた。

 サービスをOffice 365に移行した当初は使い方に慣れない利用者もいたが、導入から約4年が経過した現在は「使い方が分からない、というような質問はほとんどんない」とe-プラットフォーム本部インフォメーションテクノロジーの原田浩幸氏は話す。

 いつでもどこからでもデータを見られるメリットもある。従業員はスマートフォンやPCなど複数の端末からOffice 365にアクセスできる。従来使っていたメールサービスではPOPでクライアント端末とメールサーバーを同期させる必要があり、常にデータが同期されているわけではなかった。

アスクルのOffice 365の導入時期と用途
導入時期2013年4月ごろから導入
利用しているサービスと用途・Exchange Online:メール、スケジュール
・Office ProPlus:オフィスソフト
利用人数約1800人

“仮押さえ”で予定の調整が楽に

 アスクルは、メールと予定表の用途でExchange Onlineを、オフィス向けソフトとしてOffice ProPlusを使っている。

 Exchange Onlineでは、メールと予定表の機能が同じアドレス帳を参照しており、「従業員同士のスケジュール調整が従来より楽になった」(原田氏)という。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら