HDDに比べて入出力性能が格段に高いフラッシュメモリーを記憶媒体とするオールフラッシュストレージ。その特徴が性能であることは直感的に分かります。では実際に、どのぐらい速いのでしょうか。

 その差が一目瞭然となるテストの結果を紹介します。あるストレージベンダーのミッドレンジのHDDストレージと、別のベンダーのオールフラッシュストレージを比較したものです。4Kバイトのブロックサイズでランダムリードの負荷をかけたときの結果を図に示します。

オールフラッシュストレージの性能テストの例
[画像のクリックで拡大表示]

最大IOPSはHDDストレージの約50倍

 HDDやフラッシュメモリー単体の性能、ストレージコントローラーの違いなど、各種のテスト条件を踏まえる必要はありますが、結果を見ると、HDDストレージとオールフラッシュストレージの性能の違いは歴然としています。

 オールフラッシュストレージは圧倒的に低遅延であることが分かります。応答時間が1ミリ秒以下であった入出力数は、HDDストレージが0であるのに対して、オールフラッシュストレージは19万5728回。性能指標である最大IOPS(Input Output Per Second)を見ても、HDDストレージが5288であるのに対して、オールフラッシュストレージは27万9572と約50倍の差が出ています。

 この時点でのそれぞれのストレージのリソース使用状況を見ると、HDDストレージはこれ以上のIOPS値は期待できない状態です。一方オールフラッシュストレージは、負荷をかけるサーバー台数を増やすことで、IOPSはまだまだ伸びる余地がありました。

 このテストの結果は一つの例にすぎません。ただし、オールフラッシュストレージは既存のHDDストレージと比較して「桁違いに速い」ことだけは分かるはずです。このテストで使用したオールフラッシュストレージはSSD搭載型の製品ですが、前回説明したインタフェースのオーバーヘッドによる制限は、この性能レベルでは全く問題になっていません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら