WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

 基調講演では一切触れられず、「Core NFC」というフレームワークに関する技術資料が公開されただけだが、これまで頑なにNFCの機能開放を拒んできたAppleがサードパーティ側に歩み寄ったのは、大きな一歩と言えるだろう。今回はこの周辺情報をまとめつつ、Appleが目指す「Apple Payの次」について考える。

NFCを利用してICタグの情報を読む「Core NFC」というフレームワークに関する技術資料が公開されている
出所:Apple
[画像のクリックで拡大表示]

NFC Forum標準タグの読み取りに対応

 Core NFCの仕様はシンプルだ。iPhone内蔵のNFCアンテナに近付けたICタグの内部情報を読み取る仕組みをiOSアプリ開発者に提供する。業界団体のNFC ForumではType 1からType 5まで5種類のICタグを定義しており、Core NFCではこの5種類のタグ(NFCタグ)の読み取りを全てサポートしている。

 NFCタグには「NDEF(NFC Data Exchange Format、エヌデフ)」と呼ばれる方式でデータが記述されており、Core NFCはこのNDEF情報を読み取る手段を提供する。アプリ開発者はCore NFCを使うことで、例えばNFCタグ内に記述されたURL情報を読み取り、指定のWebページにブラウザーでアクセスするといった動作が可能になる。

 注意点として、現状ではiPhone 7またはiPhone 7 PlusだけでCore NFCを利用できるという点が挙げられる。iPhone 6/6sやiPhone SEはNFCアンテナを内蔵してApple Payが利用可能だが、これらの機種ではCore NFCを利用できない。これが意味するのは、そもそもiPhone 6をリリースした時点では「タグを読み取る」という動作での利用をAppleは想定しておらず、iPhone 7で初めて意識したということだ。

 現状のCore NFCで提供される機能はNFC Forumが定義する「Reader/Writer(R/W)」というモードで、Apple Payの対面決済で用いる「Card Emulation(CE)」というモードと対の関係にある。スマートフォン内部のカード情報を読み取らせるのがCEで、R/Wは逆に外部のカード(ICタグ)情報をスマートフォンで読み取るモードとなる。スマートフォン同士が対向でNFC通信を行うモードは「Peer-to-Peer(P2P)」と呼ばれており、この3つがNFCを構成する基本的な動作モードとなる。つまりAppleはiPhone 6時代には「CE」の採用しか考えておらず、iPhone 7の世代になって初めてNFC Forum標準に歩み寄ったわけだ。このあたりについて、もう少し詳しく見ていこう。

NFC Forumが定義するNFCの3種類の動作モードと5種類のNFCタグ。解説するのはNFC Forum共同会長の田川晃一氏(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら