「AWSを使い始めたら、最初はAWSにネガティブだったITエンジニアのマインドが、AWS推進派へと変化した」――。日立物流は2017年5月31日、アマゾン ウェブ サービス ジャパン主催の年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」で講演し、Amazon Web Services(AWS)に触ったこともなかった2014年時点から現在のクラウドファーストへと変化した軌跡を紹介した。

日立物流の情報基盤統括部で部長補佐を務める田代肇氏
(撮影:渡辺 慎一郎=スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]
日立物流ソフトウェアのシステム事業統括本部ネットワークソリューション部で部長を務める吉田佑一郎氏
(撮影:渡辺 慎一郎=スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、グローバルで利用していた在庫管理システム「Global Warehouse Management System」(GWMS)を、日本にあるオンプレミス(自社所有)環境からAWSに移行した。従来システムは、自然災害の発生によって出荷停止に陥るリスクや、ネットワークの遅延によって出荷遅延が起こるリスクがあった。移行に当たっては、オンプレミス、AWS、日立グループのクラウド基盤という三つの環境を比較検討した。

 2014年8月にAWSの東京リージョン(データセンター群)から利用を開始し、現在では四つのリージョンで約200個のEC2インスタンス(仮想マシン)が稼働している。システムは、EC2のほか、ロードバランサーのApplication Load Balancer(ALB)、リレーショナルデータベースのRelational Database Service(RDS)、通知サービスのSimple Notification Service(SNS)など、AWSのサービスだけで構成している。仮想マシンイメージのAMI(Amazon Machine Image)とRDSのリージョン間コピー機能を利用し、リージョンを横断したDR(災害時復旧)サイトを構築、可用性を高めている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら