閉じる

日経情報ストラテジー ストーリーで学ぶ 働き方改革のプロジェクトマネジメント

日経情報ストラテジー

目次

  • プロジェクトマネジャーは少し先の明るい未来を見せる

    トライアルして振り返らず、やりっ放しでは意味なし

     トライアルをしても、やりっ放しでは意味がない。効果測定をして、見つかった課題には本番までに必ず対策を打とう。ITpro

  • プロジェクトの「ちゃぶ台返し」に落ち着いていられるか

    コンフリクトマネジメントを知って冷静に対処

     プロジェクトに抵抗は付きもの。抵抗や対立が全くないプロジェクトなど存在しない。コンフリクトマネジメントを学び、冷静に向き合う。ITpro

  • 野生の勘でプロジェクトを試行しても本番で失敗する

    運用前に必須の「リリース管理」

     新しい業務やシステムの開始、または既存の業務やシステムの変更を確実に実行して、スムーズに運用を始めるための「リリース管理」で手を抜いてはいけない。ITpro

  • 変更を嫌がるプロジェクトマネジャーはリスクを高める

    プロジェクトに変更は付きもの、「7つのR」で管理

     責任感が強いマネジャーほど環境の変化に合わせず、計画通りに物事を進めようとする。だがそのリスクはかえって大きい。プロジェクトに変更は付きものと考え、変更をコントロールする。ITpro

  • 課題管理簿がないと、対応せずに言いっ放しになる

    支えになるのは「書き出す」「見い出す」「ひねり出す」

     ミヤタ自動車の新任課長である新田めぐみが、働き方改革プロジェクトのマネージャーに指名された。山積みの課題を前にして「管理簿」の作成を始めた。ITpro

  • その働き方改革プロジェクト、「誰得(だれとく)」ですか?

     架空の車メーカー、ミヤタ自動車の「働き方改革プロジェクト」メンバーはステイクホルダー分析をすることにした。誰にどんなメリットがあるのか、「誰得(だれとく)?」を想定し、誰を巻き込めばよいかを見極める。ITpro

  • チームは5つのステージで進化 衝突や摩擦は乗り越えるべき必然

    個性の異なるメンバーを同じゴールに導く

     ミヤタ自動車の「働き方改革プロジェクト」のメンバーは静岡県掛川市の研修所に篭もり、具体的な活動スケジュールと役割分担、今後のコミュニケーション計画を練った。と、ここまではよかったのだが…日経情報ストラテジー

  • コミュニケーション計画が分けるプロジェクトの成否

    プロジェクトの内と外、双方の連携を忘れずに

     次の打ち合わせは、1泊2日の合宿形式で行うこととした。たまには、景色を変えての集中討議も良かろう。静岡県掛川市にあるミヤタ自動車の研修所。その一室に5人全員が揃う。窓越しに見える山々の中でも、富士の山頂がまぶしい。日経情報ストラテジー

  • 活動と作業を定義する「WBS」作りは面倒くさい?

    役割分担し進捗管理するプロマネ必須のツール

     「ミヤタ自動車にテレワーク(在宅勤務)を導入する」 プロジェクトマネジャーの新田めぐみ(ミヤタ自動車 経営企画部 課長)は、先日のキックオフミーティングで決めたプロジェクトのゴールを、改めてノートに大きく書いてみた。このゴールはチームメンバー5人の総意だ。プロジェクトオーナーである大塚副社長の思い…日経情報ストラテジー

  • ブレストの進め方 「意見を出して」だけではダメ

    5つのポイントで沈黙と混乱を予防

     ミヤタ自動車の「働き方改革プロジェクト」。 プロジェクトマネージャの、新田めぐみ(経営企画部・最年少女性課長)は、メンバーの沼部勇人(情報システム部・課長代理)の助けを借りてキックオフミーティングを開いた。日経情報ストラテジー

  • どこに向かって走るのか? ゴールと完了状態を定義

    「プロジェクトチャーター」を作ろう

     課長就任早々、「ワークスタイル変革プロジェクト」のプロジェクトマネージャーを任された新田めぐみ(ミヤタ自動車 経営企画部・史上最年少女性課長)。日経情報ストラテジー

  • プロジェクトって何? 5つの特徴を理解しよう

    ルーチンワークと何が違うのか

     「新田(にった)さん、あなたは『ワークスタイル変革』プロジェクトのマネジャーです。ミヤタの働き方を変えてください」日経情報ストラテジー

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る