「う~ん、参ったな。どうしたらいいのよ」。夕陽がまぶしい、働き方改革のプロジェクトルーム。めぐみは険しい表情で天を仰ぐ。

 ミヤタ自動車の働き方改革プロジェクト。研修所での合宿を実行しためぐみたちはようやく、プロジェクト計画やコミュニケーション計画、役割分担をメンバー同士で合意し、実質的な活動を開始できた。

 メンバーは5人。各々の役割に従って、既に動き出している。マネージャーのめぐみ(経営企画部 課長)は全体の統括と主要なステイクホルダーへの説明と巻き込み。直樹(国内マーケティング部 課長代理)はテレワークの事例収集。雪菜(人事部 主任)は人事制度の事例収集と検討。勇人(情報システム部 課長代理)はシステムの検討と整備。大五(袖ヶ浦工場 物流企画部 課長)は費用対効果の整理。勇人の提案で、PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)の援軍も得た。

 ところが思い通りには話が進まない。まず他社の人事制度の事例が集まらない。社内の各部署がヒアリングに応じてくれない。プロジェクトが進むにつれて、様々な壁がメンバーの前に立ちはだかる。

 「課題管理をしっかりやろうぜ。プロジェクトの成功には欠かせないマネジメントだ」。勇人が急に立ち上がり、ホワイトボードを前にペンを手にした。

 「課題管理?」。めぐみと雪菜が同時に声を上げる。直樹と大五は腕組みして、黙ったままだ。

 「プロジェクトの課題管理には欠かせない、3つの『出す』があるんだ。『書き出す』『見い出す』『ひねり出す』。この3つを実践していこう」。勇人は勢いよく、ホワイトボードに3つのキーワードを書いた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら