NTT東西は加入電話網(PSTN)が2025年頃に維持限界を迎えることを受け、IP網への移行方針を示している。総務省を中心に円滑な移行に向けた議論が進んでいるが、まだ大枠が固まったばかり。マイラインの扱いやNGN(次世代ネットワーク)の接続ルールをはじめ、議論の紛糾が予想される宿題が残っている。こうした背景もあり、一般ユーザーにはほとんど認知されておらず、誤解も少なからず見受けられる。PSTNマイグレの現状を整理するとともに今後の方向性を徹底検証する。

出典:日経コミュニケーション 2017年5月号 pp.12-29
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。