153億ドル(Mobileye)、11億ドル(NeuroDerm)、5億ドル(Plarium)、3.5億ドル(Gigya)、1.68億ドル(Enzymotec)――。 2017年に買収されたイスラエル企業の金額トップ5だ。

 Mobileyeの約1.7兆円は中でも飛び抜けているが、それぞれ大きな買収額である。イスラエル企業が続々と世界で買われていく背景には、スタートアップ企業の多さがある。人口約860万人、土地面積は四国と同じくらいのイスラエルだが、毎年1000社近いスタートアップ企業が設立されている(図1)。2017年後半に、いま勢いのある企業を5社訪問。事業の発想やこれから向かう方向、日本との関連などを尋ねた。

図1●イスラエルにおける新規スタートアップ企業数
(出所:IVC Research Center社の調査結果を基に作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 1社目は、Wazeだ。同社は、スマートフォン用のカーナビゲーションアプリを提供する。2013年に米Googleが10億ドル強で買収した。このアプリは、利用者が道路状況やガソリン価格などを入力し、それがリアルタイムに近い早さで他の利用者も共有できる。カーナビとコミュニケーションツールを合わせた感じだ(写真1)。

写真1●Wazeの操作画面
[画像のクリックで拡大表示]

 開発時の発想は、動く車のGPSデータをプロットしていくと地図ができる、といったもの。「道路情報のWikipediaを目指した」(同社 VP Community and Operations Fej Shmuelevitz氏、写真2)。このサービスを全世界各地で立ち上げるには、まずデータを先行入力する協力者が必要だ。Wazeでは編集者と呼び、各地域での編集者のコミュニティ作りが重要な戦略となっている。日本でもすでにサービスが始まってはいるが、「編集者を探しているところ」(同)という。

写真2●Waze VP Community and Operations Fej Shmuelevitz氏
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら