手のひらサイズで4000円台のPCボード「Raspberry Pi(ラズパイ)」。そのmicroSDカードや外付けHDDをDropbox風のオンラインストレージとして使えるようになるLinux OSが「NextCloudPi」です。「NextCloud」プロジェクトが開発した公式のラズパイ向けOSイメージがあるため、書き込むだけで簡単に導入できます。

ラズパイをDropbox風のオンラインストレージに仕立てられる「NextCloudPi」。
[画像のクリックで拡大表示]

NextCloudPiをインストール

 NextCloudPiは、オープンソースのオンラインストレージソフト「ownCloud」から派生したNextCloudのラズパイ版です。NextCloudPiをインストールするには、まず公式ブログの配布ページからOSのイメージファイルを入手します。「Get it」欄から2017年9月20日時点の最新版「NextCloudPi_09-12-17.tar.bz2」をダウンロードしてください。

NextCloudPiのラズパイ向けOSイメージファイルの配布ページ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ダウンロードしたイメージファイルは、Windowsパソコンの場合は「7-Zip」で展開します。OSイメージ(ここではNextCloudPi_09-12-17.img)を展開後、「Win32 Disk Imager」などのフリーソフトでmicroSDカードに書き込みます。

NextCloudPiのイメージファイルをmicroSDに書き込み。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!