「ITに全く関係ない分野からITに飛び込んで活躍しているエンジニア」や「システムインテグレーター(SIer)からWebベンチャーに転職して成功したエンジニア」など、何らか“越境”を経験したエンジニアを「越境エンジニア」と名付け、1カ月に一人ずつインタビューを掲載する。今月取り上げるのは、ビジネスSNS「Wantedly」を提供するウォンテッドリーの最高技術責任者(CTO)である川崎禎紀氏。同社にどのようにして出会い、CTOとして何をしていきたいかを3回にわたってお送りする。最終回の今回は、ウォンテッドリーでの取り組みやエンジニアとしての思いを聞いた。

(聞き手は大森 敏行=日経NETWORK


前回から続く)

 ウォンテッドリーでは2015年に「Wantedly Chat」という新しいチャットサービスを開発し、2016年初頭にリリースしました。当社はテクノロジーの力で大勢の人に価値を届けることをミッションにしているので、「会社と人の出会い」にこだわっているわけではありません。Wantedlyを「クリエイティブな仕事をする人のためのインフラ」にするため、様々な取り組みをしています。Wantedly Chatもそのうちの一つです。

[画像のクリックで拡大表示]

 Wantedly Chatは、開発に専念できる独立部隊の体制で開発しました。6人くらいのチームです。自分も1人のソフトウエアエンジニアとしてコードを書いていました。その時期は社内で一番コードを書いていました。開発後は、広報代理店との窓口も自ら担当し、プレスリリースも自分で書きました。

 2016年11月には名刺管理アプリの「Wantedly People」をローンチしました。2017年7月にはユーザーが100万人を突破。短い期間で今までにないスピードで伸びています。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら