デザインや使い勝手で差別化が難しいスマホ

 フィーチャーフォンの時代、日本のメーカーは日本独自の機能に特化した技術を採用し、日本でしか販売できないことから、後にガラケーと揶揄されることにあった。だが、ガラケーには日本メーカー各社の最先端の技術やデザインが結集されていたのだ。

 iPhoneの登場以降、携帯電話にスマホが取って代わるようになると、機能、デザイン、ユーザーエクスペリエンスなどで差別化することが難しくなった。特にデザインとユーザーエクスペリエンスはかつてフィーチャーフォンの時代には、端末メーカー独自のものが多く、「そのメーカーのデザインやユーザーエクスペリエンスに馴染んでいるから」「好きだから」という理由でそのメーカーの端末を購入するユーザーもたくさんいた。

 ところが、スマホになってからはメーカー独自のデザインやユーザーエクスペリエンスで差別化することが難しくなってしまった。アップルのiPhone、サムスン「Galaxy」シリーズ、ソニー「Xperia」シリーズなど、スマホ時代になってから市場で多く販売されている端末のどれもがグローバル端末で、デザイン、ユーザーエクスペリエンスともに世界共通である。

 かつてフィーチャーフォンの時代には日本の端末メーカーの携帯電話を購入していた人の多くが、海外メーカーのグローバル端末を購入するようになった。スマホ市場で日本メーカーが差別化するのは難しくなっていった。

スマホの開発を甘く見ていた

 国内メーカーにとっては、初めてスマホを開発して販売する市場が日本だった。国内メーカーにとってAndroid OSでのスマホ開発が初めてであるうえに、携帯電話事業者からも従来のようにたくさんの要求仕様が来ていた。

 一方で、HTCやサムスンなどの海外メーカーは全世界でスマホを販売をしており、既に開発したスマホでバグの修正対応も済んでいた。そのうえで、ユーザーの声などを反映した端末を日本市場に投入してきた。その時点で既に国内メーカーよりも高品質な端末だった。

 日本メーカーが当初開発したスマホは、不具合や故障など多くの問題を抱えていた。インターネットで検索すると今でも、当時の不具合やユーザーからのクレームがたくさん出てくる。国内メーカーのフィーチャーフォンを長年利用してきたユーザーの中には、スマホが登場したときにも同じ国内メーカーのスマホを購入した人が多かった。それにもかかわらず、不具合などで使い勝手の悪さを感じると、もう次からはその国内メーカーのスマホを振り向きもしなくなってしまった。

 日本の国内メーカーは、スマホの開発を甘く見ていたのかもしれない。フィーチャーフォンで築いた国内メーカーへの信頼を、初期のスマホへの対応のまずさで一気に崩してしまった。ユーザーにとってはメーカーの国籍よりも、従来のフィーチャーフォンと同じく安心して利用できる端末が必要なだけだったのだ。そして一度失った信頼を回復するのは並大抵のことではなかった。

 国内メーカーのスマホ対応のつまずきは、携帯電話事業者との関係にも影響を与えた。実際にユーザーのフロントに立つ携帯電話事業者側は、ユーザーの不満やクレームの一次対応をしなくてはならなかった。このことから、たとえ長年の付き合いがあったとしても、携帯電話事業者とメーカーの関係も以前ほど良好ではなくなりつつあった。

ここからは会員の登録が必要です。