デジタル化はどの企業にとっても喫緊の課題だ。ただし、やみ雲にAIやIoTを導入しても効果は上がらない。ユーザー企業は、新たな取り組みでどうやって「利益を増やすか」を中心に議論を深める必要がある。

 デジタルシフトを支援するSIベンダーには、アイデア出しからサービス開発までを推進する新たなSI手法が求められる。デザイン思考にアジャイル開発を組み合わせ、PoC(概念検証)で事業化を探る手法が一般化してきた。ユーザーとベンダーが二人三脚で進めるデジタルシフトのポイントを明らかにする。