TISの林氏

 QCD(品質・コスト・納期)の順守よりもビジネスの目的達成を重視する「脱QCDプロマネ」。ビジネスの目的を満たすためには、利用部門の要求に臨機応変に対応することが求められる。そんな問題意識から、TISの林 靖彦ペイメントソリューション企画部副部長らは、チーム編成を改めた。

 林氏らのチームは、決済システムのアウトソーシングサービス「PAYCIERGE」のシステム構築・運用を担当する。従来は、「受託開発に近い動き方だった」(林氏)。利用部門から要求を受けると、必要な技術を持つ人材をその都度集めてチームを編成していた。

新規要求への機動力を高めるメンバー固定チームマネジメント
利用部門からの要求が出るたびに必要な技術要素のメンバーを集めるのに時間がかかる。様々な技術要素をこなせるサブチームをあらかじめ編成し、即応できるようにした
[画像のクリックで拡大表示]

 この方法には大きく二つの課題があった。一つは、難易度が高い技術を持つ人材を確保しにくいこと。林氏らのチームが開発したスマートフォン向け決済カード管理システム「CARD×DRIVE」を例に取ると、与信関連の技術に詳しい人材や、外部のFintech企業のサービスと連携させるためのAPIに詳しい人材など、多様な技術分野のメンバーが必要となる。他の案件と人材の取り合いになることがあった。もう一つの課題は、チームビルディングに時間がかかることだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら