品質・コスト・納期を守るばかりの「QCDプロマネ」では、利用部門に評価されない案件が増えてきた。プロジェクトマネジメントの変革が求められている。新たなマネジメント方法を、現場の工夫から探る。