SSLやTLSは、ユーザーがWebサイトにアクセスする際に安全な通信を実現する技術である。ユーザーが電子商取引の際に入力するクレジットカード番号などの「漏れては困る情報」をサーバーに安全に送るといった用途で使われている。ユーザーがWebサイトにアクセスする際に、URLが「https://」で始まっていたり、URL欄に鍵マークが表示されたりすることで、そのサイトがSSL/TLSに対応していることがわかる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経NETWORK」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら