実名で投稿されたグルメ情報が見られるサービス「Retty」。社内の行動指針に「全員で採用」を掲げ、自社が採りたい人材の獲得に全社を挙げて取り組んでいる。同社が採用したいと考えるエンジニアはどんな人材なのか、そうした人材をどのように選考しているのか。Rettyで人事・採用を担当する柳川裕美氏に聞いた。

(聞き手は八木 玲子=ITpro)

Rettyの開発体制は。

 全社員の約半数に当たる、50人程度がサービス開発に携わっています。そのうち、エンジニアは約40人。サービスの企画をするプランナーやディレクター、デザイナーなどと一緒に、サービスを開発しています。

 Rettyは国内だけでなく、世界中で使われるサービスを目指しています。既に月間利用者数が3000万人を超えましたが、まだやりたいことの数パーセントしかできていません。今後、さらにサービスを成長させるために、新しい人材に加わってほしい。新卒と中途の両面で、エンジニア採用をしています。

Retty 人事・採用担当 柳川裕美氏
[画像のクリックで拡大表示]

どのように人を集めていますか。

 社員が知り合いを紹介してくれるスタイルが多いのが特徴です。特に、エンジニアはこの方法で入社する人が多くいます。たまたまそうなっているのではなく、あえてその方法を推進しています。

 Rettyのビジョンは、「食を通じて世界中の人をハッピーにする」ことです。これを達成するために、「Retty Way」と呼ぶ行動指針を用意しています。全員で話し合って決めた内容で、5項目から成るのですが、そのうちの1項目が「Hire the BEST」。「全員でベストな人材を採用する」ことです。

 Retty Wayの5項目はそのまま社員の評価項目になりますし、四半期ごとに贈られる賞の名前でもあります。つまり全社員が常に、良い人材の獲得を意識しているということです。

Rettyの行動指針「Retty Way」
(出所:RettyのWebサイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 実際、全社員が採用活動をしています。社外の知り合いに声をかけるだけでなく、書類選考や面接などもみんなで担当しています。Rettyの人事業務は私が一人で担っていますが、それができるのも、ほかの社員みんなが採用活動をしてくれるからです。

 元々当社には、「自分たちが一緒に働く人は自分たちで探そう」という文化がありました。一緒に働きたい人って、実は自分の周りにいることが多い。お互いをよく理解した上で入社が決まるので、ミスマッチも減らせます。実際に社員の紹介で入社した人の方が定着するし、なじむのも早いと感じています。会社としても効果的な採用手法だと考えています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら