簡単でラクにIoT(Internet of Things)を実現できる製品やサービスが続々と登場している。こうした製品・サービスを利用することで、実証実験から本格導入に進まないIoT導入の突破口になりそうだ。


 IoTを本格展開する際に立ちはだかる2つめが「想定以上に費用や期間がかかる」という壁だ。

 PoCでは対象としなかった領域に適用範囲を広げたり、規模を拡大したりした結果、IoT導入の費用や期間が予想よりもかさむ、というケースだ。加えて、「本番システムとなると、PoCでは見えなかったバックアップやデータのエラー処理といった非機能要件が増える。それがPoCから本番に移行する際に、想定以上の費用となる原因となるケースが多い」とユニアデックスの椿健太郎 エクセレントサービス創生本部 IoTビジネス開発統括部 IoTサービス企画部マネージャーは指摘する。

 こうした壁を乗り越えるために有効なのが、SaaS型の「出来合い」IoTサービスの活用だ。センサー、ゲートウェイ、そしてセンサーから取得したデータを活用したクラウドサービスなどが一体化しており、開発の手間が省けるだけでなく、非機能要件の実装も考慮する必要がなくなる。

 前に紹介したトイレのIoT化向けサービスもSaaS型出来合いIoTサービスの1つだ。トイレのドアの開閉情報を取得するのに最適なセンサーや、センサーから取得できるデータを見るための画面が事前に用意されているため、センサーをつけた日からすぐに、簡単なデータであれば見ることできる。

 加えてトイレ1つとっても、KDDIの空き情報の管理に特化したサービスや、ユニアデックスのトイレ管理者向けサービスなど複数の種類が登場しており、自社の目的に合致したサービスを選択しやすくなっている。

数百円のセンサーで製造ラインを見える化

 IoTの活用が今、最も盛んな製造業でも、センサーを設置するだけでIoT化を実現できるSaaS型の出来合いサービスが登場している。

 その1つが、i Smart Technologiesの「製造ライン遠隔モニタリングサービス(以下、モニタリングサービス)」だ。モニタリングサービスが目指すのは、生産個数や機械の停止時間などを取得し、生産効率をカイゼンすることだ。

i Smart Technologiesの「製造ライン遠隔モニタリングサービスの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 i Smart Technologiesのモニタリングサービスの特徴の1つは、「センサーなどが埋め込まれていない『昭和時代の古い生産機械』のIoT化を支援すること」と、i Smart Technologiesの黒川龍二 執行役員COO(最高執行責任者)は説明する。

 大企業の工場で利用する、大型で高度な生産機械の中には、センサーが埋め込まれており、稼働状況などデータを取得できるものが多い。これを活用して生産工程の高度化を支援するのが、「インダストリー4.0」などと呼ばれる製造業のIoT関連の取り組みだ。ところが古い生産機械では、センサーが埋め込まれていなく、高度化の基本となる生産データが取得できないケースが多い。

 そこでi Smart Technologiesのモニタリングサービスは、センサーなどが事前に組み込まれていない古い生産機械での利用を前提に、市販のマグネットや光センサーを活用し、古い機械から稼働状況のデータを取得できる仕組みを用意している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら