リクルートグループはグループ内の各サービスで画像解析AI(人工知能)の活用を進めている。リクルートテクノロジーが独自開発した機械学習エンジン「Image Paradise」を、3つの異なる分野に適用している。

 1つ目が「ホットペーパービューティー」でユーザーがネイルサロンを探す際のネイル画像検索だ。あるネイル画像と類似のデザインのネイル画像をAIが自動的に関連づけする機能を実装した。感覚的に類似しているネイルデザインを探しやすくなり、平均閲覧数が向上した(写真1)。

写真1●「ホットペッパービューティー」のアプリでは、類似のネイル画像を容易に探せる
(出所:リクルートテクノロジーズ)

 2つ目が、キュレーションメディア「ギャザリー」における、投稿された不適切画像の自動検出・排除だ。3つ目が中古車情報サイト「カーセンサーnet」での「『内装色』による絞り込み検索」である(関連記事:リクルートが機械学習で中古車の内装色を自動解析、ネイルカラー判定技術を応用)。中古車販売店が登録した複数の写真画像を解析し、ユーザーが好みの内装色の車を検索できるようにした。

 いずれのサービスでも、ユーザーや店舗などから毎日膨大な数の画像が登録され、人手で分類する場合は膨大な手間がかかる。機械学習を活用することで、増え続ける画像を自動分類し、サービスの拡充に生かすことを狙った。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!