Raspberry Piを活用する楽しい作品やアイデアを表彰する「みんなのラズパイコンテスト」。今年で3回目になるコンテストの主な受賞作品を、ITpro EXPOの受賞作品発表会でまとめて紹介する。主な受賞者にも登壇してもらい、その思いを語ってもらう予定だ。

 Raspberry Piは2016年8月に出荷台数が1000万台を突破し、ますます利用者が広がっている。趣味に生かして小さなガジェットを作ったり、自宅の環境センサーにしたり、子供の教育に使うなど、活用の範囲は広がる一方だ。

図1● 撮影した「M16 わし星雲」
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした利用を後押ししようと開催しているのが、みんなのラズパイコンテストになる。昨年のグランプリを獲得したのは、大槻正樹さんの「天体を静止画として長時間撮影できる装置」。長時間露光すると地球の自転により流れてしまう星空を、静止画として美しく撮影できるようにした(図1)。望遠鏡から届く星空の画像を、Raspberry Piのカメラで自動認識し、ズレを補整する仕組みだ。

 今年の応募数は昨年の1.5倍と大幅に増え、ますます魅力的な作品が集まってきている。受賞作品は2016年10月18日に発表し、それをITpro EXPOでお披露目する。

写真1●みんなのラズパイコンテスト2016のイメージキャラクターを務める大澤玲美さん(れいぴょん)
(撮影:BURONICA 吉岡教雄)
[画像のクリックで拡大表示]

 ITpro EXPOの受賞作品発表会では、イメージキャラクターを務める大澤玲美さん(おおさわ・れいみ、オスカープロモーション所属)も登壇する(写真1)。ネクストブレイク候補として注目を集める彼女が選ぶ「れいぴょん賞」も注目だ。

 発表会場の隣にある日経BP社ブースでは、みんなのラズパイコンテストの受賞作品を3点展示する予定だ。ぜひ実物も見に来ていただきたい。

 受賞作品発表会の詳細はこちらから。ITpro EXPO 2016は、2016年10月19日から10月21日まで、東京ビッグサイトにて開催される。記事で紹介した受賞作品発表会は10月21日(木)16:00 ~ 16:30、展示会場内のメインシアターで行われる。来場事前登録をしていただき、是非、お立ち寄りいただきたい。