iPhone Xに注目が集まった米アップルの2017年9月12日(現地時間)の発表イベント。その後の9月22日に、新製品群の第1弾となるiPhone 8、iPhone 8 Plus、Apple Watch Series 3、Apple TV 4Kが発売された。

静かな出足となったiPhone 8シリーズ
(出所:米アップル)

 熱狂的なアップルユーザーや、最新鋭のスマートフォンを求める人々は、11月3日に発売されるiPhone Xを待つことになりそうだ。

 こうした事情もあり、例年に比べて比較的静かな新型iPhone発売日となった。それでも米サンフランシスコにあるApple Storeには行列ができた。

iPhone 8は比較的入手しやすい

 米国のアップルのオンラインストアでの予約状況を見ても、落ち着いた状況が見て取れる。例えば2016年に人気が集中したiPhone 7 Plusジェットブラックモデルは、納期が1カ月以上となっていた。それに比べて今回のiPhone 8シリーズでは、長くても1週間で手元に届く。

 ただ、今回のiPhoneの新シリーズ発売に合わせて、ラインアップの大幅なシンプル化を図っており、供給を遅らせない体制で臨んでいる。その結果が現れていると見ることもできる。

 いずれにしてもアップルは、iPhone 8シリーズの予約台数を発表していない。最初の週末となる9月22日からの3日間の販売台数も、発表しないことになるかもしれない。10月末以降に発表されるアップルの2017会計年度第4四半期決算のiPhone販売台数についても、新型iPhoneは1週間分しか含まれない。iPhone 8シリーズの状況を数字で把握するのは当面は難しいかもしれない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら