米アップルは現地時間2017年9月12日(日本時間13日未明)に、カリフォルニア州クパチーノで新本社として建設中のApple Park内に設置した「Steve Jobs Theater」で、メディア向けスペシャルイベントを開催した。現地からのリポートをお送りする。

 Apple Park内での初めてのイベントであり、またiPhoneの10周年を記念するイベントとなった。LTE通信に対応した「Apple Watch Series 3」、4K HDR再生に対応し処理性能を大幅に高めた「Apple TV 4K」、iPhone 7の後継となる「iPhone 8」、そして次の10年を作っていくスマートフォンとして「iPhone X」を発表した。

発表された「iPhone X」
(撮影:松村 太郎)
[画像のクリックで拡大表示]

 やはり最も注目を集めたのは、有機ELディスプレイを搭載したiPhone Xだ。iPhone 8と同Plusは9月15日予約開始、9月22日発売という予想通りのスケジュールだった。だがiPhone Xについては10月27日予約開始、11月3日発売と、1カ月以上遅いスケジュールを発表した。にもかかわらず発売当初は世界的に品薄状態になると予測される。

 注目度が高いiPhone Xについて見ていこう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら