今回紹介するSIMフリースマートフォンは、ファーウェイ製の「honor 9」。同社が「HUAWEI」とは別にオンライン専用のブランドとして展開しているモデルだ。前モデルのhonor 8より1万円以上高い価格設定は妥当なのか。質感やカメラ、操作性の仕上がりを判断すべく1週間ほど使ってみた。

5.15インチのフルHDディスプレイを搭載
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本向けには、2015年6月に楽天モバイルの独占販売で「honor 6 Plus」が、昨年9月に「honor 8」がそれぞれ発売された。いずれも、デュアルカメラを搭載するハイエンド仕様ながら、比較的購入しやすい価格で人気を集めた。

 第3弾となるhonor 9は、楽天モバイルに加えて、IIJmio、イオンモバイル、NTTコムストア by gooSimsellerでも取り扱っている。価格は販売チャネルや購入方法によって異なるが、楽天モバイルの場合、一括払いで5万3800円(税別)、「スーパーホーダイ」プランに加入して3年契約を条件にすると、2万円割引きされて3万3800円(税別)となる。

背面は美しい鏡面仕上げ。これはサファイアブルー
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはグレイシアグレー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら