本連載でレビューしているSIMフリースマートフォンは、大半がLTEまたはLTE-Advancedという通信規格に対応している製品だ。これらの規格は、4G(第4世代移動通信システム)と呼ばれている。携帯電話の技術はどんどん進化していくが、4Gが進化していくとどうなるのだろうか。

 2017年2月27日~3月2日に、スペイン・バルセロナにて開催された世界最大級のモバイル展示会「Mobile World Congress 2017(以下、MWC)」において、ネットワーク・インフラ分野で今年の重要なキーワードとなっていたのは、4Gの次の世代にあたる「5G(第5世代移動通信システム)」だった。

 MWCの会期中に、NTTドコモ 5G推進室の室長・中村武宏氏に「5Gサービスの技術開発の進捗」や「いま克服すべき課題」などを聞くことができたので、今回は特別編として同氏へのインタビューをお伝えする。

NTTドコモ 先進技術研究所 5G推進室 室長 主席研究員の中村 武宏氏
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

日本では、5Gは2020年の商用化をめざして、研究開発が進められていると聞きます。この計画に変更はなく、また、日本は他の国よりも早く5Gを始めることになるのでしょうか。

 NTTドコモは東京オリンピックが開催される2020年に商用サービスを始めるべく、準備を進めています。ただし、日本が一番早いわけではなく、例えば韓国のKTは2019年に5Gを開始することを宣言しています。アメリカのベライゾンも2018年頃に始めようとしています。ですので、ドコモが世界に先駆けてというわけではないですし、その必要性もないと思っています。

今回のMWCでは、展示テーマとして「5G」を掲げるキャリアやベンダーが多かったように思います。“世界初”を競い合っている印象も受けましたが、世界初という点に関しては、どのようにお考えですか。

 そこに重きをおく企業もあると思いますが、ドコモは3Gのときの苦い経験もあり(※筆者注:商用化が早すぎた)、そこにはこだわっていません。4GであるLTEのときもそうでしたが、「最初のオペレーター」というわけではなく、「最初のグループ」にいることが大事だと考えています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら