サンフランシスコ市内の交通渋滞が深刻化している。同市交通局によると、市内での車の動きは以前よりも30%遅くなっているという。実際、最近サンフランシスコに出かけると、以前と比べていやに車が多く、1日を通して道路が混んでいると感じる。路上が混んでいて、ノロノロとしか動けなくなっているのだ。

 こうした渋滞の原因とされているのが「Uber」や「Lyft」などの配車サービスだ。交通当局の推定によると、サンフランシスコ市内には4万5000台の配車サービスのドライバーがいるという。先日、サンフランシスコ市内でLyftのドライバーに尋ねたところ、最近は客を取るのがどんどん難しくなっているそうだ。以前に比べて同じ地域を巡回している車が増え、配車の注文が自分のところにやって来ないのだ。サンフランシスコ近郊地域から市内にやって来るドライバーも多い。

写真●「Lyft」の配車サービス
出典:米Lyft
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者の側から見ると、配車サービスのおかげで移動が本当に楽になった。サンフランシスコは都市とは言え、数年前はタクシーを見つけるのが難しかったのだ。日本からやってくる人たちが、それでいつも苦労していた。

 だが、UberやLyftが登場してからは、オンデマンドですぐ車が来るし、このサービスによって、シリコンバレーとサンフランシスコをつなぐ「Caltrain」のような中距離型の公共交通手段の利用者も増えている。市内で多少不便な駅に降り立っても、配車サービスを使えば目的地に難なく到着できるからだ。料金はタクシーよりずっと安い。

タクシー1800台に対して配車サービスは4万5000台

 ところが都市側から見ると、その便利さはひどい渋滞を引き起こしているということである。市内で認可されているタクシーの数は1800台なので、4万5000台はかなりの車の増加を引き起こしているのが分かる。市当局は、現状を正確に把握するためにUberやLyftなどに走行データを提供するように求めているのだが、入手できない。

 実は、データは配車サービスを規制するカリフォルニア公益事業委員会(CPUC)という州政府機関に提出されているものの、競合問題から両社ともデータの公開に抵抗しており、CPUCが秘密保持権を与えたという背景がある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら