プレゼンの機会がどんどん増えている。最近はプロジェクターや大画面テレビを設置する会議室が増えて、それらを使ってプレゼンするのは日常的だ。

 プレゼンで一番大事なのは言うまでもなく内容で、続いてが、構成だと思っている。さらに完成度が高いスライドなら、「力作だな」と思ってもらえるはずだ。

 とはいえ、やたらに時間を掛けてスライドを作成しても、それに見合う結果が得られるとも限らない。そこで今回は、短時間で見栄えの良いスライドを作る方法を紹介しよう。

 重要なのは、人と被らないことだ。どんなに美しいスライドでもPowerPointの標準機能で作っていると、どこか見慣れた感があって目立たない。

 そこでお勧めするのが、iPhoneやiPadの活用だ。そもそも、スライドをiPhoneやiPadで作ること自体があまり想定されていない。だから、似たようなスライドになることはほぼない。

 まず使いたいのは、アップルのプレゼンアプリ「Keynote」のテンプレートだ。Keynoteは、とにかくデザインが素晴らしい。機能ではPowerPointに負けている部分もあるが、ビジュアルのセンスは圧勝だ。

 KeynoteはiOS版でもかなり使い勝手が良く、macOS版に負けない機能を持っている。ここでは、iPadによる操作を紹介するが、テンプレートを使ったスライド作成なら、iPhoneでも十分可能だ。

Keynoteのテンプレートはとにかく美しい。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら