ノートパソコンとタブレットを兼用できる2in1パソコンが人気だ。パソコンメーカーに話を聞くと、今やクラムシェル型ノートと人気を二分するほどだという。

 確かに、Surfaceを始めとする2in1パソコンを利用している人はよく見かける。でも、その多くはノートパソコンとして使っているように思う。皆さんは、2in1パソコンをタブレットとして使っている人を見たことがあるだろうか。僕はほとんどない。

 メーカーの調査によると、実に8割以上の時間は、普通のクラムシェルとして利用している人がほとんどらしい。2in1パソコンを使っている読者の多くがうなずいていると思う。

 僕はデジタル手書きが大好きなので、もう少しタブレットとしての利用率は高く、3~4割程度だ。それでも、半分を超えていない。クラムシェル型のノートも所有していて使い分けているから、という側面もあるのだが……。

 せっかくの2in1パソコンをノートパソコンとしてだけ使うのはもったいない。ということで、今回は2in1パソコンの新しい使い方を提案してみたい。

レノボジャパンの「ThinkPad X1 Yoga」の2016年モデル。(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
「Surface Pro 3」。古いモデルだが2in1としての基本スタイルは最新モデルでも変わっていない。
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。