20年程前のモバイル好きは、ドッキングステーションをある種の理想型だと考えていたものだ。普段は持ち歩いているモバイルノートを、ドッキングステーションに取りつけるとデスクトップとして利用できる――。いかにも便利そうじゃないか。

 実際モバイルノート向けに、さまざまなドッキングステーションや周辺機器が発売された。ところが、どれもこれもパッとしなかった。理由はいくつも考えられる。そもそも、モバイルノートの性能がイマイチだったので、デスクトップとして使うには荷が重く、一年も使うと遅くてイライラするようになった。また別途ディスプレイを用意するのも面倒だった。

 僕がドッキングステーションをあまり買わなかったのは、価格が高すぎたせいもある。ときどきしか使わないのに、安いものでも2万円ほどもするので、購入する気にならなかったのだ。しかもその多くは独自のコネクターによる接続が前提で、パソコン本体を買い換えたらドッキングステーションは無用の長物になる。

 ところが最近は、こんな状況がほぼ解消されている。モバイルノートが高性能になり、SSDを搭載しているモデルならそこらのA4ノートやデスクトップよりも快適だ。専用のディスプレイを用意しなくても、大画面テレビにHDMIで接続すればいい。さらにUSB Type-C接続のドッキングステーションなら、それほど高価ではない製品も増えている。

 ということで今回は、エレコムのドッキングステーション「DST-C02WH」をレビューする。価格はAmazon.co.jpで6000円ちょっとと、手頃だ。

エレコムのドッキングステーション「DST-C02WH」。(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら