アップルが次世代の開発言語としてリリースしたSwift。2015年12月にはオープンソースに移行して、開発者は大いに盛り上がっている。開発者がSwiftに関する情報を自由に交換する場所としてGitHub上に広大なエリアが用意され、iOSはもちろん、Linux、Raspberry Pi、あるいはクラウド上(!)でさえ開発、実行できるようになった。先週、そんな開発者に向けての国際開発者会議「try! Swift」(http://www.tryswiftconf.com/)が東京・渋谷で開かれた。筆者も自腹参加して、熱気に当てられてしまった。

オープンソース化で勢い付くSwift

 2015年12月にアップルが公開したソースコードには、Swiftコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、基本ライブラリ、実行可能なアプリケーションを配布する際に必要なパッケージマネジャーなどが含まれ、デベロッパーはiOS, OS X, tvOS, そして watchOS、さらにLinuxのアプリ開発が可能になった。

 開発者はこれらを使ってLinuxあるいはRaspberry Piなどのプラットフォーム上でSwiftを動かすことができるようになる。

 実際、IBMはすでにPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)であるBluemix上でSwiftを利用可能にしており(Bluemix版Swiftのページ)、Swift開発がクラウド上でできる「IBM Swift Sandbox」(https://swiftlang.ng.bluemix.net/)をリリース、最近のWebブラウザーを搭載した各種モバイル端末でSwiftを使うことができるようになった(図1)。

図1●iPadでもSwift開発ができるIBMのSwift Sandbox
新しいWebブラウザーが動作する機器なら、Swiftコードを書いて即実行できる。なんだか不思議な気分になるが、もうここまで来た。プログラムの勉強、あるいは動作検証がiPadでもできる、ということだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド上でSwiftを記述し、実行することができるクラウドサービスはこれ以外にもPaiza.io(https://paiza.io )などが続々登場している。GoogleもSwiftの導入に手を染め始めていると伝えられ、いずれ、Swiftはクロスプラットフォームのモバイル開発基盤に成長するかもしれない。

 そんな大きなうねりが来ている中で、濃いカンファレンスが開かれるというので3日間通し参加料が約300ドルとかなり高かったけど、貯めた小遣いをはたいて参加したというわけだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら