マイクロソフトによればEdgeは「バッテリーをなるべく消費しない省電力設計」なのだという
[画像のクリックで拡大表示]

 恐らく、PCで最もよく使われているアプリケーションはWebブラウザーでしょう。スマートフォンが普及したこともあって、Webブラウザーに対応するサービスが増え、Webブラウザーそのものも機能が強化されてきました。

 しかしモバイル環境での利用を考えると、Webブラウザーでも、電力消費やメモリー容量、CPU性能などのリソースが気になります。デスクトップPCと同じWebブラウザーがモバイルでも最適とは限りません。

 筆者はデスクトップPCで、Googleの「Chrome」を利用しています。拡張機能の追加が可能で、表示速度などの使い勝手にも十分なものがあります。しかし、デスクトップで使っているとき、起動して半日もすると、メモリー不足でChromeがエラーになったり、スワップが多発してWindowsの反応が遅くなったりすることがあります。Chromeは、あまり「モバイル向き」ではないという印象を持っています。

 ここを「Chromeの弱点と見たのか」、Windows 10に搭載されているWebブラウザー「Microsoft Edge」は、その特徴として「バッテリーをなるべく消費しない省電力設計」をうたっています。もし本当なら、使う価値はあるでしょう。そういうわけで、今回は、モバイル利用という視点からEdgeとChromeを比較してみました。

そもそもMicrosoft Edgeとは?

 Edgeは、「Internet Explorer(IE)」の後継といわれるWebブラウザーです。Chromeやアップルの「Safari」と同じく、「WebKit」と呼ばれるオープンソースのレンダリング機構を使っていますが、JavaScriptの実行機構はマイクロソフトが開発した「Chakra」です。IE用に開発されたJavaScript実行機構より、高速な実行が可能です。

 レンダリング機構が同じでも、それ以外が異なると、Webブラウザーの挙動も変わってきます。ネットの多くのサービスは、JavaScriptを使ってさまざまな処理を実行しているため、ちょっとした違いがユーザーに見える挙動の違いになって現れることが少なくありません。

 このため多くのサービスは、サポートするWebブラウザーが限定されています。シェアがまだ小さいEdgeは、ちょっと不利なのです。公式対応しているサービスは、まだそう多くありません。

 しかし、Edgeには魅力もあります。内蔵のPDF/EPUBフォーマットのビューアーには、注釈機能があり、マーカーを引いたり、ページ内にメモを追加したりできます。このPDF/EPUBビューアーは、Webページのタブと同じように操作でき、保存やブックマークが可能です。調べものをしていた開いた文書を、ひとまとめにしてバインダで綴じるように扱えるのは便利です。デジタル化された「資料」をオンラインでもローカルファイルでも、同じように表示できるのが、Edgeの最大の特徴といえるでしょう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら