みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンやタブレットに続くモバイル機器として、ウエアラブルが注目されるようになってきました。代表的なウエアラブル端末のひとつに、スマートウォッチがあります。スマートウォッチがあれば、メールやメッセージの受信をスマートフォンの画面を見ることなく確認できます。しかしこの利用方法だと、あくまでもスマートフォンのサブ的な機器という役割となってしまいます。

 しかし、スマートウォッチも次のフェーズに入っており、進化が始まっています。スマートフォンとの連携のない状況でも活用できる端末が、各社からリリースされ始めました。OSの進化によって、スマートフォンを使わず単独で稼働するアプリが登場し始めたのです。さらに、スマートウォッチはGPS機能を内蔵するようになりました。オフラインで利用できる地図を取得しておけば、移動ログを単独で取れるようになったのです。

 こうなるとスマートウォッチにとって、スマートフォンはデータを同期するための手段となり、主従関係が逆転します。用途によっては、スマートフォンではなくスマートウォッチの方をメインで活用する道が開けてきました。

特定用途に強い製品が出ている

 例えば、カシオのアウトドアウォッチのブランドであるPRO TREKのスマートウォッチ版である「PRO TREK Smart」の最近機種は、スマートフォンとの接続がない場合も、内蔵GPSとオフライン地図でトレッキングデータを取得できる理想的な端末になっています。

 ファーウェイ・ジャパンは、スポーツに特化した端末として「HUAWEI WATCH2」をリリースしています。プロのランニングコーチのガイダンス、オフラインによるトレーニング用の音楽再生、GPSトレイルと、スマートフォンなしでスポーツに活用できる端末になっています。

 今回は、HUAWEI WATCH2を借りたので、写真を中心に紹介します。

HUAWEI WATCH2のパッケージ
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージの同梱物
[画像のクリックで拡大表示]

 HUAWEI WATCH2はAndroid Wearを搭載したスマートウォッチです。420mAhのバッテリーを内蔵しており、これで2日程度利用できます。専用クレードルで充電します。

専用クレードルで充電しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 使う前に初期設定として、スマートフォンとペアリングをする必要があります。

スマートフォンとペアリングしている様子
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら