みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンの2016年夏モデルが各携帯大手から登場しました。残念ながら、各社から発表された機種の種類は少な目ではありますが、それぞれ特徴ある機能を備えています。その中でも注目の機種が、サムスン電子製のGalaxy S7 edgeです。Galaxyシリーズは、毎回、スマートフォンのハイエンド機能を惜しみなく搭載してくるため、筆者は楽しみにしてきました。今回のGalaxy S7 edgeは、NTTドコモとauからリリースされました。

 Galaxy S7 edgeは、デザイン的にGalaxy S6 edgeを踏襲しており、見たところ、あまり変化がないように感じていました。ただ、実機を触ったところ、あまりの進化ぶりに驚いてしまいました。Galaxy S7 edgeは「究極のハイスペック」と呼べる機能になっており、Galaxy S6 edgeから中身が激変しています。まずは写真で紹介します。なお、発売前のデモ端末をお借りしたため、製品版と違う可能性があることをご了承ください。

図1●Galaxy S7 edge(ドコモ版、左)とGalaxy S6 edge(au版、右)
[画像のクリックで拡大表示]

 Galaxy S7 edgeは、Galaxy S6 edgeと比較して、大きく変わった点は以下になります。かっこ内が、Galaxy S6 edgeの数値です。

ディスプレイサイズ約5.5インチ(約5.1インチ)
Always on Display搭載(非搭載)
カメラ約1200万画素(約1600万画素)
バッテリー容量3600mAh(2600mAh)
内蔵メモリー4GB(3GB)
LTE通信速度(NTTドコモ)受信最大375Mbps(225Mbps)
重さ約158g(約132g)
防水防塵対応(非対応)
メモリカード対応(非対応)

ここからは会員の登録が必要です。