みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォンの普及も一段落した感があり、これからはさらに新しい機能や価値のある端末が注目される時期になっています。その中で、注目の機能があります。ダブルレンズカメラです。

 スマートフォンの人気の機能の一つはカメラ機能です。携帯電話に初めてカメラを搭載したのはJ-フォン(当時)でした。「写メール」というブランドで、携帯電話で写真を撮るきっかけを作りました。

 その後、スマートフォンの時代になると、カメラの性能が大幅にアップして、コンパクトデジタルカメラに匹敵するような写真を撮れるようになりました。さらに、SNSでのコミュニケーションに写真が使われるようになり、写真は記録する手段から表現する手段へと進化しました。

ダブルレンズカメラ搭載のスマホが登場

 こうしてスマートフォンの普及に重要な役割を果たしてきたカメラ機能は、画素数やセンサー、画像処理エンジン、手ぶれ補正機能など、様々な機能が向上してきましたが、2016年からまた一つ新しい機能が登場しました。それがダブルレンズカメラです。

 以前も、3D表示のためにダブルレンズカメラを搭載したスマートフォンがありましたが、2016年にそれとは全く違う用途のダブルレンズカメラ機能を搭載した「HUAWEI P9」(ファーウェイ・ジャパン)が登場し、その機能の第2世代のバージョンを搭載した「HUAWEI Mate 9」も発売されています。

ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI Mate 9」
(撮影:伊藤 浩一)
[画像のクリックで拡大表示]

ここからは会員の登録が必要です。