みなさん、モバイルしていますか?

 スマートフォン端末は、iPhoneとAndroidとWindows 10 Mobileを併用しています。その中で、現在使っているiPhoneは「iPhone 6s」です。現在の最新機種は、iPhone 7とiPhone 7 Plusですが、実用上はiPhone 6sで十分なため愛用しています。本コラムでも紹介しましたが、周辺機器をたくさんつないだり、SIMロックを解除したりして活用しています。

 日常的に使う重要なスマートフォンとなっているiPhone 6sですが、先日トラブルが発生しました。バッテリー残量が十分な状態で、突然電源が切れてしまったのです。電源ボタンを押しても起動しません。試しにモバイルバッテリーから充電を開始すると、電源を入れることができました。

iPhone 6sにモバイルバッテリーをつなぐと起動が可能になった
(撮影:伊藤 浩一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 バッテリーが空になったときのシャットダウンと同じような挙動でしたので、急にバッテリー残量がゼロになったのかと思いましたが、起動したiPhone 6sを見るとバッテリー残量は40%でした。作業中に、突然電源が落ちてしまうので、怖い現象です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら