ヤフーは2018年6月に、代表取締役社長CEOを宮坂学氏から副社長の川辺健太郎氏に交代する。体制の変更によって「スマートフォンの会社」だけでなく、長年のサービス蓄積されたデータを活用する「データの会社」を目指すとしているが、新体制でヤフーのサービスはどう変わるのだろうか。

新しいテーマへの挑戦を機に若返りを図る

 「Yahoo! Japan」を運営するヤフーは、2018年1月24日に急きょ社長交代の人事を発表した。現在、副社長執行役員COO 兼 コマースグループ長を務めている川辺健太郎氏が代表取締役社長CEOとなる。現在の代表取締役社長CEOである宮坂学氏は取締役会長となる一方、新たに「Zコーポレーション」を立ち上げ、新規事業の開拓に取り組むとのこと。6月の株主総会を経て、川辺氏の社長就任が正式に決定するようだ。

ヤフーは1月24日に社長交代を発表。現社長の宮坂学氏から、現副社長の川辺健太郎氏に交代し、新たな事業への取り組身を積極化するとともに若返りを図る。写真は1月24日のヤフー記者会見より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 宮坂氏は故井上雅博氏の後継として2012年にヤフーの社長に就任。当時のYahoo! Japanはパソコン向けのサービスが主体で、急速に普及するスマートフォン向けサービスに出遅れていた。そこで宮坂氏は、Yahoo! Japanの各種サービスのスマートフォンシフトを積極化し、スマートフォンでのビジネス拡大を推し進めてきた。

 一方で、宮坂氏は手薄だったEC(電子商取引)事業の強化にも着手。2013年には「eコマース革命」を打ち出し「Yahoo!ショッピング」の出店料無料化など大幅な改革を推し進めたほか、2015年に事務用品通販大手のアスクル、2016年には宿泊予約サイト「一休.com」を運営する一休を買収するなどして、EC事業を拡大してきた。

 そうした取り組みが功を奏し、ヤフーのサービスはパソコンからスマートフォンへのシフトに成功したほか、同じソフトバンクグループ系列のソフトバンクとの連携強化などによって、EC事業も急速な伸びを見せ、市場での存在感を高めてきている。それだけに、社長就任から6年というタイミングで、社長交代に踏み切る理由はあまりないようにも見える。

 一体なぜ、この宮坂氏が社長交代を打ち出したのだろうか。宮坂氏は1月24日の会見で、「6年前に掲げたスマートフォン、ECに強いヤフーというテーマから、新しい挑戦テーマが必要な時期と確信している」と話す。就任当初の課題解決にめどが立ったこともあり、新しい挑戦をするうえでリーダーも交代する必要があると考え、川辺氏への社長交代を決めたようだ。宮坂氏は50代、川辺氏は40代であることから、社内の若返りを図る狙いもあったようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら