第1回ではスマートグラスの特長を三つ挙げた。

  1. 情報を確認しながら両手が使える(ハンドフリー)
  2. 情報をすぐに確認できる(リアルタイム通知)
  3. 見たままの情報をそのまま送信できる(遠隔サポート)

 ここから、自社または顧客の課題解決にスマートグラスを適用できるシーンが浮かんだという人も多いだろう。今回はスマートグラスがどのように活用できるか解説する。併せて制約や課題、将来性についても触れる。

スマートグラスの業務利用イメージ

 SAPジャパンは、スマートグラスを活用するイメージビデオを公開している。

 「SAP&Vuzixが提供するスマートグラスで工場労働者にハンドフリーのイノベーションを」との題を付けられたこのビデオは、倉庫内の集荷業務がスマートグラスを使って効率化される様子を示している。これはイメージビデオのため、将来可能になる見込みの機能も含まれている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!