NTTドコモ網を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)が、これまで実店舗以外では対応できなかった即日MNP(モバイル番号ポータビリティー)対応を続々と進めている。

 例えば、ケイ・オプティコムが9月1日に開始するNTTドコモの回線を使ったプランでは、実店舗以外での即日MNPに対応する。フリービットもMVNEとして「MNPリモートアクティベーション機能」という名称でMVNO向けに仕組みを提供。U-NEXTがこの仕組みで9月から新規契約者向けにサービスを提供する計画を表明している。ビッグローブも同様の機能をスタートする予定だ。

 NTTドコモは「MVNO向け機能は守秘義務があり非公表」としており、具体的な実現方法は明らかにしていない。今回、本誌の取材により、その詳しい内容が判明した。「半黒SIM」と呼ぶ、あらかじめ電話番号や契約の基本情報を書き込んだ非開通のSIMを使う方式と、無線で契約情報を一通り書き込める「OTA(On The Air)」方式の2種類だ。いずれもNTTドコモが提供する顧客情報管理システム「ALADIN」端末で、MVNO向けに一部機能を新たに開放したことで実現した。

 まず「半黒SIM」方式を使った即日MNPは、ネット通販などの販路でSIMを新規契約者宅に郵送する場合を想定している。契約者がSIMの到着後に自らコールセンターに電話するかWebサイトで開通手続きを済ませることで、1時間程度でMNPの乗り換えが完了する。こちらの「半黒SIM」方式は、前述のケイ・オプティコムやフリービット、ビッグローブが利用している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら