中学生・高校生は、インターネットで築く人間関係に関してどのように考えているのだろうか。NHKが実施した「中学生・高校生の生活と意識調査・2012」からその実情を追ってみた。

 「インターネット上での人間関係についてふだん感じていること」という質問に対しては、「人間関係のトラブルが起きやすい」(29.9%、以下すべて中学生・高校生の平均)、「面と向かって言いにくいことも伝えやすい」(22.8%)、「友達が増える」(21.1%)、「メールの返信や、書き込みをするのが面倒だ」(16.5%)、「自分を表現する場所ができる」(14.7%)、「友達のメールや書き込みが気になってしかたがない」(9.0%)となっている。

 インターネットを友達が増えたり、自分を表現したりする場として肯定的にとらえる一方で、トラブルにつながりやすく面倒と感じる割合も高く、友達には非常に気を遣っていることが分かる。これは、SNSを使う子どもたちの問題を端的に表している。

 SNSを通した人間関係では、相手に気を遣うだけではない。むしろ相手を「数字」としてのみとらえ、非常にドライな割り切りをすることがある。

ゲームをリセットするように「ブロック」

写真1●SNSでブロックや友達削除された側の心理的ダメージは大きい(写真はイメージ)

 SNSでブロックや友達削除をすると、相手から連絡がとれなくなったり、自分のプロフィールや投稿などが相手に見られなくなったりする。一般的には、「ブロック」「友達削除」=「もう友達ではない」とか、「つきあいたくない」ことを意味する行為だ。それだけにブロックや友達削除された側の心理的ダメージは大きい(写真1)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら