Appleが電気自動車をベースとした自動運転車の開発に乗り出した。報道は二転三転し状況は流動的だが、Appleが自動車に興味を抱いていることは間違いない。また、破竹の勢いでライドシェア事業を拡大している「Uber」は、自動運転車を開発すると発表した。さらにNokiaは、自動運転技術の心臓部分にあたるベースマップ事業を始め、Mercedes-Benzと共同開発を加速させている。IT企業が一気に自動運転技術の開発に乗り出した。

出典: Apple
[画像のクリックで拡大表示]

Appleが自動運転車を開発か

 サンフランシスコ地区のテレビ局CBS San Franciscoは、2015年2月3日、Appleが自動運転車を開発していると報道した。多くのカメラが搭載されたミニバンの映像を紹介し、Appleが自動運転車を開発している可能性は高いとの見解を示した。Wall Street Journalは2月13日、自動運転技術開発は否定したものの、Appleはミニバンタイプの電気自動車を開発していると報道した。

 翌日にはReutersが、Appleは電気自動車をベースとした自動運転車について“学習”していると報道。Appleは自動車製造だけでなく、自動運転技術や関連システム(HDマップ、カーシェアリング、充電サービス)を開発する資金は十分にあるともコメントしている。事実、Appleは既にナビゲーションシステム「CarPlay」を主要メーカーに提供している(上の写真)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら