Bluetoothの普及促進を図る業界団体のBluetooth SIGは2017年9月8日、「Bluetooth mesh」に関するメディア向け説明会を開催した。多対多の通信ができることが特徴で、IoT(インターネット・オブ・シングズ)での利用が想定されている。同様の用途を持つ通信技術としてLPWA(ロー・パワー、ワイド・エリア)があるが、両者は使い分けの関係で共存していく可能性もある。

 Bluetooth meshはスマートフォンなどのBluetoothデバイスで多対多の通信を可能にする技術で、Bluetooth LE 4.0以上で動作する。Bluetooth SIGは2017年7月18日に仕様を発表済みだ。

 説明会に登壇したBluetooth SIGでマーケティング バイス・プレジデントを務めるケン・コルドラップ氏はBluetooth meshの特徴として、メッシュ型構成を採ることによる信頼性や、数千ノードを1つのネットワークに収容可能な拡張性、既知の全ての攻撃から防御可能なセキュリティなどを挙げた。

Bluetooth SIGでマーケティング バイス・プレジデントを務めるケン・コルドラップ氏
[画像のクリックで拡大表示]

多対多の通信に初めて対応した

 従来のBluetoothはモノとモノの機器間通信で使われていたが、主に1対1の通信で、使用場面は人の周辺だった。「スマートフォンとヘッドホン」「PCとマウス」などである。このほか1対多のブロードキャストには対応済みで、紛失物を発見するための「ビーコン」などで用いられている。

 一方でBluetooth meshは、初めて多対多のメッシュ通信に対応し、数百・数千の機器が互いに通信を必要とするIoTアプリケーションにおける活用を想定した仕様だ。仕様上は、1つのネットワークに最大3万2000のノード(Bluetooth機器)を接続できる。「とても広い範囲をカバーし、Bluetooth meshネットワーク上の全てのノードは互いに通信できる」(Bluetooth SIG)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら