「5年前、Bitcoin(ビットコイン)と現金を交換する新興の取引所は毎月のようにハッキングを受け、数億ドルを失う例もあった。ICOも非常に新しい分野で、成熟するまでに数年を要するだろう」。

 ロシア出身の技術者で、Bitcoinに次ぐ時価総額の仮想通貨を管理するブロックチェーン「Ethereum(イーサリアム)」を提唱したヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は2017年8月中旬に来日した際、インタビューでこのように語った。

写真●ヴィタリック・ブテリン氏
(撮影:新関 雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 Ethereumは、個人や企業が独自のデジタルトークンを発行し、資金を調達する「ICO(Initial Coin Offering)」の基盤技術としても注目を集めている。ブテリン氏自身、分散型の仮想通貨交換サービス「OmiseGo」の開発資金を調達するICOや、エストニア政府によるICOの計画をサポートしている。

 ブテリン氏が主張する通り、ICOには技術面、制度面で未成熟な点が多い。それらを放置したままICOブームが過熱すれば、ブームに便乗した詐欺が頻発し、ICOそのものが社内の信頼を失うことになるだろう。

 資金調達のイノベーションとされるICOが抱える問題点と、課題を克服する道筋について考えてみたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら