[画像のクリックで拡大表示]
写真●内田洋行新川本社の新商品発表会の会場

 内田洋行と雑貨店「無印良品」を展開する良品計画は2016年4月18日から4月20日にかけて、共同開発したオフィス向け家具の新商品を公開している。

 共同開催する新商品発表会の会場は、東京・中央区の内田洋行新川本社。企業や官公庁、自治体、設計事務所などの担当者を対象に実施している。

 内田洋行と良品計画は2016年4月7日、法人向けオフィス作りでの協業を公表した。新商品発表会はこの協業の一環だ。2社は今後、新商品をそれぞれ販売するほか、企業や官公庁、自治体といった法人に向けて、働きやすいオフィスの提案活動を共同で進めていく。

 共同開発したオフィス向け家具は、ワークデスク、ワークテーブル、ユニットシェルフ、ベンチの4分野の製品。価格は7万円台からだが、企業のオフィスに合わせてしつらえることが可能だ。

写真●デスクの天板などに国産木材を採用している(上)。角材を作ったときに出てくる端材の丸みがある部分を加工。張り合わせることで集成材にしている(下)

 特徴はいずれも、国産木材を多用していること。デスクやテーブルの天板、シェルフの棚板、ベンチの座面や背もたれに採用している。しかも採用している木材は、杉の丸太を角材にする際に残る端材を集成したものだ。

 日常的に利用していても、湿度や温度などで反らないよう、端材の張り合わせ方を工夫することで、厚さ5センチほどのパネルに集成。中空部分を作り軽量化を図りつつ、オフィス家具に求められる強度を実現させている。なお、デスクの脚や幕板、シェルフの枠には黒いスチールを採用している。

 新製品の開発に携わった内田洋行グループのデザイン会社、パワープレイスの若杉浩一シニアディレクターは、「日本は国土の6割を占める世界有数の森林を持っている。それにもかかわらず、木材の国内自給率は3割程度にとどまる。国産の木材をもっと生かせば、殺伐としがちでビジネスライクなオフィス環境を、感じのいい“ライク”な環境にできる」と話す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら