全国の地方自治体が、サイバーセキュリティ対策の強化に乗りだしている。総務省が自治体のインターネット接続ポイントを集約し、高度なセキュリティ監視を行う「自治体情報セキュリティクラウド」の構築を推進しているからだ()。マイナンバー制度を利用した事務が今後増えるのを踏まえ、全国一律で安全性を高める。

 いち早く動いたのが和歌山県である。2016年3月15日にITベンダー向け公募型プロポーザルの応募を締め切った。

 他の都道府県も5月頃までに公募・入札を行う見通しで、構築に向けた動きが今後加速する。応札するITベンダー商戦も熱を帯びる。

 財源は総務省の補助金だ。日本年金機構へのサイバー攻撃事件を踏まえ、2015年度補正予算と2016年度当初予算で最大約1360億円を計上している。

 従来は市区町村ごとにネット接続ポイントを用意していたため、一般企業と同様、自治体個別でサイバーセキュリティ対策を行う必要があった。財政力や人材が乏しい中小自治体では独力での防御に限界があり、不正アクセスされるリスクが高かった。

図●「自治体情報セキュリティクラウド」の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 セキュリティクラウドでは、都道府県ごとに専用装置が置かれた場所に接続ポイントを集約。そこで専門人材が対応に当たる。クラウドとつなぐ中小自治体は対策の手間が大幅に減る。

富士電機は無害化、IIJはVDI

 商戦にいち早く名乗りを上げたのが富士電機だ。2月15日に日本IBMと共同で自治体向けサービスを開始。2016年度に200億円の受注を目指す。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら