スンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が「人工知能(AI)こそ未来」とAIファースト宣言をしている米グーグル。そのグーグルが2018年1月17日、AIの「学習」支援クラウドサービス「Google Cloud AutoML Vision」を開始した。この新サービスははたしてどのようなものだろう。

2018年1月17日にAI向けの新クラウドサービス「Google Cloud AutoML Vision」をアルファ版として開始した
(出所:グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]

深層学習の「学習」を誰でも利用できる

 Cloud AutoMLは、最近のAIブームで中心となっているディープラーニング(深層学習)をより簡単に利用できるようにするもの。人材やリソースが少ない企業や開発者が誰でもすぐに使えるようにして「AIの民主化(Democratize AI)」(グーグル・クラウド・ジャパンの大藪 勇輝マシンラーニングスペシャリスト)を目指す。

Cloud AutoML Visionを説明するグーグル・クラウド・ジャパンの大藪 勇輝マシンラーニングスペシャリスト

 深層学習を利用するためのプロセスには、大きく分けて「学習」と「適用」の二つのフェーズがある。具体的には、まずラベル付けなど必要な前処理を施したデータを「学習」させて機械学習モデルを作成する。そうして作成した機械学習モデルを、新しいデータに「適用」して分析する。

ここからは会員の登録が必要です。