残業ゼロでやりがいある会社作り

 著者は、広告ベンチャーの営業企画担当者として好成績を上げ、役員も務めた人物。ところが長時間労働が続く職場で、離職する社員が後を絶たず、管理職までもが会社を離れてしまう。そんな事態に直面したことを機に、業績を上げつつも残業がなく社員が意欲を持って働ける会社作りを決意。化粧品の通販会社を設立し実現を目指す。本書でその10年来の取り組みを披露している。

 読むと、理想的な会社作りは一筋縄にはいかず、様々な課題を解決する積み重ねだったことが分かる。しかしその結果、多くを占める女性社員が出産後も復職でき、挑戦する職場を作り上げた。その策はワークスタイル変革の参考になる。


ほとんどの社員が17時に帰る
売上10年連続右肩上がりの会社

岩崎 裕美子 著
クロスメディア・パブリッシング
224ページ
1598円(税込)

出典:日経情報ストラテジー 2016年4月号 p.87
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。