働きたい会社を作るヒント満載

 ビジネスモデルは良かったのに、経営層が人材を交換可能な歯車のように扱って失敗。そんな事態を間近に見た著者は、企業の人材の扱い方を変化させる方法を見つけようと、米GEなどで経験を積み、米グーグルに入社。「最も働きたい会社」と、世界のITエンジニアが魅了される会社を、人事面から作り上げた。

 その施策を、本書でつぶさに紹介している。「上司から権威や権力を取り上げて、それを社員に移譲すると、部下がスムーズに仕事を進める環境作りに、上司は重点を置くようになる」など、施策の狙いも丁寧に説明されている。自由度の高い仕事環境を手に入れたい読者向けに示した「10のステップ」も興味深い。


ワーク・ルールズ!
君の生き方とリーダーシップを変える

ラズロ・ボック 著
鬼澤 忍/矢羽野 薫 訳
東洋経済新報社
2138円(税込)

出典:日経情報ストラテジー 2015年10月号 p.103
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。