日本市場に新たに参入した中国のスマートフォンメーカー、OPPOが投入する第1弾のスマートフォンが「R11s」だ。6.01インチの有機ELディスプレーや、背面のデュアルカメラ、前面にも高画素の自撮り用カメラを備えるなど、最新トレンドを取り入れ、カメラ機能も充実している。携帯電話・モバイル専門のライター、佐野正弘氏がレビューする。

 OPPOは日本ではまだあまり知られていないが、サムスン電子、アップル、ファーウェイに続く世界第4位のスマートフォンメーカーだ。

 R11sはOPPOのフラッグシップとして位置付けられているモデルで、最大の特徴はカメラ機能。背面のメインカメラにに2000万画素と1600万画素のデュアルカメラ機構を備えるだけでなく、前面にも2000万画素と画素数の高いカメラを備えている。

大画面ながら持ちやすく、薄さと素材で高級感

 まずは本体の外観をチェックしてみよう。R11sのディスプレーは、6.01インチの有機ELで、画面が広くてコントラストが高く、映像などが観賞しやすい。画面が大きいと本体も大きくなりがちだが、そこは、最近のスマートフォンの世界的なトレンドとなっている18:9に近い縦長のディスプレーを採用。高さ155.1mmに対し幅が75.5mmと、横幅が狭く片手でも持ちやすいサイズに抑えている。同じ縦長の有機ELディスプレーを採用した、Galaxy Note8(高さ163mm、幅75mm)に近いサイズ感といえるだろう。

OPPOのフラッグシップモデル「R11s」。6.01インチの大画面有機ELディスプレーを採用しているが、縦長のため片手でも持ちやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 背面にはメタル素材を用いており、薄さは7.1mm。アーク状にカーブがかかった「クレセントアークデザイン」にしたことで、手に持ってみるとスペック以上に薄く、高級感を感じる。ただしその分、背面のカメラ部分が1mm以上出っ張っていて目立つ。また、背面全体をメタル素材で覆っているためか、FeliCaだけでなくNFCにも対応していない点には注意が必要だ。

ボディーにはメタル素材を採用。背面には2つのカメラと指紋センサーを配置するが、カメラ部分の出っ張りは目立つ
[画像のクリックで拡大表示]
側面から見たところ。7.1mmという薄さを実現しているが、背面にカーブがかかっているため手にはなじみやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 R11sはSIMフリー市場に投入されることもあり、デュアルSIMにも対応している。LTEの対応バンドも、海外で一般的なバンドを用いているソフトバンクだけでなく、auの800MHz帯(バンド18)やNTTドコモの800MHz帯(バンド19)を含んでおり、日本国内向けにカスタマイズされていることが分かる。ただ、筆者がOPPOに確認した限り、auのVoLTEへの対応などは未定とのこと。全キャリアのSIMで利用できる環境がまだ完全に整っているわけではないようだ。

SIMスロットは2つ用意されており、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応。ただし1つのスロットはmicroSDとの排他利用となる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら