前回はOpen Compute Project(OCP)とはどういったプロジェクトなのか、またOCPの適合領域について触れた。今回は、OCPを採用することによる具体的なメリットについて解説していく。

三つの特徴でコスト削減を実現

 米Facebookが自社使用のハードウエアの設計を行った理由は、徹底的に無駄を排除し、効率化によってデータセンターにかかるコストを削減するためである。

 具体的には、(1)省電力、(2)省ペース、(3)メンテナンス性の向上――により、これらコスト削減を実現している。これらの三つがOCPの最大の特徴と言ってもよい。それぞれ、詳しく解説しよう。

(1)省電力:AC-DCの変換回数を抑えてロスを防ぐ

 OCPのラックはOCP機器をラッキングするための専用ラック(OpenRack)となっており、このラックが特徴的な構造をしている。多くの汎用IAサーバーはサーバー本体にパワーサプライ(電源装置)を搭載しているが、OpenRackではサーバーが個々に持つパワーサプライをラックレベルに集約し、一括で受電する構成になっている。

 多くの場合、商用電源(AC:交流)からUPS(無停電電源装置)に供給され、UPS内部で交流(AC)→ 直流(DC)変換によって蓄電したのち、再度交流(AC)に変換し直してサーバーへ電源供給する。サーバーでは、交流(AC)をさらに直流(DC)に変換し、マザーボード、CPU、メモリー、HDDなどの各部品に供給する。つまり現在の電源システムでは、交流 → 直流 → 交流 → 直流と3段階の変換を行っていることになる。

 交流(AC)と直流(DC)の変換には、一般に10%~20%程度のロスが発生すると言われている。OCPのOpenRackではラック内のパワーシェルフで交流(AC)から直流(DC)へ変換し、ラック背面にある直流(DC)バスバーを経由してサーバーに直流給電する方法が採用されている(図1)。

図1●高い電力効率を実現するOCP
[画像のクリックで拡大表示]

 この方法により、商用電源からサーバーまで間の交流(AC)と直流(DC)の変換回数を抑え、変換ロスによる無駄な電力消費をできるだけ少なくしている。直流(DC)で動作するサーバー機器に直接給電することにより、高い電力効率を実現する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら